テレフォンセックスをする時間は何時頃が多いの?

テレフォンセックスをする時間は何時頃が多いの?
大部分の人は日中は仕事をしていたり家事をしていたりします。
ウイークデーならば仕事が終わった夜になるでしょう。
午前や昼間にプレイするならば休日でないと不可能です。

しかし、そういった人気の時間帯は、大勢のユーザーがサイトにアクセスします。
あなたが希望するパートナーが他のユーザーとプレイしていることもあるでしょう。
また電話そのものが繋がりにくいケースも少なくありません。

理想的なプレイ時間帯

できるならばウイークデーの午前やお昼間がいいでしょう。
あなたが好みの女性が指名しやすくなります。
電話もスムーズに繋がるからストレスも感じないでしょう。

深夜の時間帯も狙い目!

テレフォンセックスサイトは24時間営業が普通です。
夜中でも使えるのです。
休み前の真夜中ならば利用するのもアリ!「相手の女性に迷惑がかからないか?」と心配する男性もいます。
しかし、もともとシステムとしてログインしている相手にしか繋がりません。
迷惑などかからないのです。
静寂なムードが漂う深夜の二時三時。
それはそれで独特の雰囲気でテレフォンセックスが楽しめる時間帯になります。

テレフォンセックスでもムードを大切に!

性行為をする場合は、それなりの手順や流れがあるよ!
実際に対面して性行為をする場合や風俗でエッチする場合でも、それはあります。
今回テーマにしているテレセ(テレフォンセックス)も例外ではありません。
しっかりと、手順と流れを踏まえなければ楽しいテレフォンセックスはできません。

絶対にしてはならないこと!

はじめからいきなりエッチなトークをすることです。
電話をかけます。
相手がでます。「よろしくお願いします」と返事があります。
そこで「じゃあ、エッチしましょうか?」では色気もムードもありません。

いきなり本格的な性行為になるのはリアルSEXでも風俗でもあり得ない

リアルなセックスの場合はベッドに入ってお互いのカラダを愛撫したり、キスしたりしてムードを盛り上げます。
デリヘル嬢などの風俗の場合でもそうです。
全身リップやディープキスからスタートしてまずは前戯から入るのが暗黙の了解になっています。

テレフォンセックスでもムードを大切に!

エッチな気持ちに持って行く時間は必要です。
前戯は不可欠ですから5分から10分の時間を使いましょう。
自己紹介や何気ないトークでいいのです。
テレフォンセックスに切りかわるタイミングでもいきなり過激な会話はダメ。
少しずつ焦らしたりしながら口説くのがいいのです。
リアルなセックスでも濡れていないのに挿入しないでしょう?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ